読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scikit-learnで単語文書行列を作る方法の比較

目的

テキストデータから特徴ベクトルを作って何かやろうと思ったときに,私の場合は何も考えずに単語文書行列を作ってナイーブベイズのようなベースライン的な手法を試すところからはじめます。単語文書行列というのは以下のページに載っているような行列です。英語ではDocument-Term Matrixといいます。

ベクトル空間モデル - Wikipedia

Wikipediaに載っているように,行方向に単語,列方向に文書を並べるのが普通です。ただし,scikit-learnの慣習では行方向に事例,列方向に素性を並べるため,逆になります。

語のリストから単語文書行列を作るときには,(a) collections.Counterとsklearn.feature_extraction.DictVectorizerを使う方法 がシンプルでおすすめです。一方で,scikit-learnにはsklearn.feature_extraction.textという,テキストデータから特徴ベクトルを作るためのモジュールがあるのですが,このモジュールの中では先ほど述べた手法とは少し違った方法で単語文書行列を作っています。この方法のことを(b) sklearn.feature_extraction.text.CountVectorizerで使われている方法と呼ぶことにします。scikit-learnにはDictVectorizerという便利なクラスがありながら,どうして別の方法を使っているんでしょうか?もしかして,(a)の方法は(b)の方法と比べて100倍くらい遅かったりするんでしょうか?実際に計測してみました。

(a) collections.Counterとsklearn.feature_extraction.DictVectorizerを使う方法

collections.Counterは標準ライブラリに含まれているクラスで,iterableを投げつけるとカウントしてくれます。

import collections
collections.Counter(['a', 'b', 'a', 'd', 'a']) # => Counter({'a': 3, 'b': 1, 'd': 1})

sklearn.feature_extraction.DictVectorizerは素性名,素性値のペアが入ったdictを投げつけると疎行列 (scipy.sparse.csr_matrix) に変換してくれるクラスです。

from sklearn.feature_extraction import DictVectorizer
v = DictVectorizer()
v.fit_transform([{'a': 3, 'b': 1, 'd': 1}, {'a': 1, 'c': 3, 'd': 2}]).toarray()
# => array([[ 3.,  1.,  0.,  1.],
#           [ 1.,  0.,  3.,  2.]])

この2つを組み合わせると単語文書行列が作れます。

def by_counter_dictvectorizer(documents):
    tf_list = []
    for document in documents:
        tf = Counter(document)
        tf_list.append(tf)

    v = DictVectorizer(sort=False)
    return v.fit_transform(tf_list)

sortというオプションは素性名の順番にソートするかどうかを決めるものでデフォルトはTrueですが,特に必要無いのでFalseに設定しました。

(b) sklearn.feature_extraction.text.CountVectorizerで使われている方法

以下のコードを参考にしました。

sklearn.feature_extraction.textはscikit-learnのモジュールで,ファイルの読み込み → 分かち書き,見出し語化 → ストップワード削除 → 単語文書行列の構築 → 頻度フィルタリング → TF-IDFの算出 → L1 or L2 正規化 といった一連の処理をやってくれるクラス (CountVectorizer, HashingVectorizer, TfidfTransformer, TfidfVectorizer) が含まれています。

日本語の処理に使いたい場合には,文書を引数に取って語のリストを返す関数を定義して,コンストラクタの引数のanalyzerに渡せばよいです。

最初にcollections.defaultdictを使った怪しいコードがありますが,これはアイテムにIDを振るときの一般的なテクとして一部で知られています。defaultdictは基本的にはPythonの普通のdictとして振る舞いますが,存在しない要素をgetしようとしたときにはdefault_factory関数を呼び,その結果を返します。

vocabulary = defaultdict()
vocabulary.default_factory = vocabulary.__len__
vocabulary['a'] # => 0
vocabulary['b'] # => 1
vocabulary['a'] # => 0
vocabulary['c'] # => 2
vocabulary['a'] # => 0

次にj_indicesやindptrといった怪しげな変数が使われていますが,これは疎行列 (scipy.sparse.csr_matrix) の実装と関係があります。実装の詳細は以下のページが分かりやすいです。

scipy.sparseの内部データ構造 – はむかず!

scipy.sparse.csr_matrixのコンストラクタには,data, indices, indptrの組を引数にとるものもあり,CountVectorizer内の実装ではこれを利用しています。

scipy.sparse.csr_matrix — SciPy v0.16.1 Reference Guide

測定方法

Macbook Air (13-inch, Mid 2011, Core i5 1.7 GHz, Yosemite) 上にHomebrewでインストールしたPython 3.5.0で動かします。

私のブログ (くじらにっき++) のそれぞれの記事をMeCab + IPADIC-NEologdに入力して得られた語のリストを,(a), (b) の方法で単語文書行列を作る関数の入力として,単語文書行列であるscipy.sparse.csr_matrixを構築する時間を計測します。50回測定しました。

ソースコードを以下に示します。

import json
import time
from array import array
from collections import Counter, defaultdict

import numpy
from scipy.sparse import csr_matrix
from sklearn.feature_extraction import DictVectorizer


def by_counter_dictvectorizer(documents):
    tf_list = []
    for document in documents:
        tf = Counter(document)
        tf_list.append(tf)

    v = DictVectorizer(sort=False)
    return v.fit_transform(tf_list)


def by_countvectorizer(documents):
    vocabulary = defaultdict()
    vocabulary.default_factory = vocabulary.__len__
    j_indices = array('i')
    indptr = array('i')
    indptr.append(0)
    for document in documents:
        for word in document:
            j_indices.append(vocabulary[word])
        indptr.append(len(j_indices))

    j_indices = numpy.frombuffer(j_indices, dtype=numpy.intc)
    indptr = numpy.frombuffer(indptr, dtype=numpy.intc)
    values = numpy.ones(len(j_indices))

    X = csr_matrix((values, j_indices, indptr),
                   shape=(len(indptr) - 1, len(vocabulary)))
    X.sum_duplicates()
    return X


def main():
    with open('blog.json') as f:
        documents = json.load(f).values()

    # documents = [
    #     ['a', 'b', 'a', 'd', 'a'],
    #     ['c', 'c', 'd', 'a', 'd', 'c'],
    # ]

    method1 = []
    method2 = []

    for i in range(50):
        start = time.time()
        X = by_counter_dictvectorizer(documents)
        elapsed = time.time() - start
        method1.append(elapsed)

        start = time.time()
        X = by_countvectorizer(documents)
        elapsed = time.time() - start
        method2.append(elapsed)

    print('Counter + DictVectorizer', numpy.mean(method1), numpy.std(method1))
    print('CountVectorizer', numpy.mean(method2), numpy.std(method2))

if __name__ == '__main__':
    main()

結果

手法 平均 (sec) 標準偏差 (sec)
(a) 0.0405 0.00450
(b) 0.0252 0.00265

(a) が (b) と比べて約1.6倍時間がかかっています。

まとめ

(a) collections.Counterとsklearn.feature_extraction.DictVectorizerを使う方法(b) sklearn.feature_extraction.text.CountVectorizerで使われている方法と比較して遅いです。ただし,処理時間は2倍以内には収まります。タスクによるかとは思いますが,機械学習するときに最も計算コストがかかるのはこの後の処理なので,全体としてみれば小さな差と言えるのではないかと思います。

DictVectorizerはカテゴリ素性を含むデータをOneHot表現の疎ベクトルに変換する際にも汎用的に使うことができるので,この程度の差しか無いのであればDictVectorizerを使う方法だけ覚えておいても良いのではないでしょうか。

おまけ

scikit-learnを使ってできることを一通り試してみたいという方には,以下の書籍がおすすめです。実践寄りの内容ですが,理論的な背景についても少なくない分量を割いています。「数学をバリバリ使っている本がほしい!」「厳密さが足りない!」という人には物足りないかもしれませんが,scikit-learnを初めて触る人には有益な情報を与えてくれると思います。

scikit-learn関連記事

kujira16.hateblo.jp

kujira16.hateblo.jp

kujira16.hateblo.jp

kujira16.hateblo.jp